太極道交会「敬心道場」

 陳一族の歴代の拳法家たちの手により伝えられてきた、「陳氏太極拳図説」の冒頭に「太極拳を学ぶには、敬の気持ちを持たなければならない」と書かれております。
 敬という心は、言い換えれば少しでも高く尊い境地に進もう、偉大なものに近づこうという心であります。この敬の心が発達してくると、必ず相対的に自分の低い現実を顧みてそれを恥ずる心が起こる。
 この心を陳氏太極拳の稽古を通じて学び、実生活に活かせるように日々研鑽する事が「敬心道場」命名の趣旨である。

 敬心道場は、王西安大師の陳式太極拳を継承しております。

三浦方圓

1979年創立 太極道交会       陳式太極拳の名門

1975年禅僧である山口博永老師が禅と太極拳の深いつながりを直観する。日本にまだ陳式太極拳が伝わっていない時代に、台湾の武壇にて劉雲樵大師をはじめ高弟の徐紀老師より陳家太極拳を通算5年間修業する。

1979年に横浜で陳家太極拳の指導が始まる。同年、大陸に渡り陳氏太極拳19代伝人の陳小旺老師、王西安老師より毎年訪中して修業。2001年より陳式太極拳18代の馮志強大師(陳発科の最晩年の弟子)より陳式心意混元太極拳を学ぶ。

現在、山口老師が40年以上に渡り各老師から学んできた技を、弟子たちが正しく継承しております。日本における陳式太極拳の第一人者として、名実ともに各老師より同志、身内として厚く信頼されております。

王西安老師の紹介

 王西安老師は河南省陳家溝で生まれ、陳式太極拳第十九代伝人で、陳家溝・陳式太極拳の四天王または、四大金剛(他に陳小旺、陳正雷、朱天才)と称されています。

 幼い頃から第十八世伝承者である陳照丕大師(陳発科老師の甥)から、陳式太極拳老架套路、武器などを学び、後に第十八世伝承者、陳照圭大師(陳発科老師の次男)に陳式太極拳新架套路、擒拿技巧を学びました。

 王西安老師の陳式太極拳は、稲妻のように速く、猛虎のように荒々しく、猿のように敏捷なものです。その表演は雄大かつ動きと内なる精神が見事に融合された、まさに剛柔相済を兼備えた王者の風格を感じさせます。

1982年、河南省代表として第一回中国太極拳推手競技会に出場し、初代チャンピオンになっています。同年、陳家溝太極拳武術学校の校長として初めて日本を訪問し、三笠宮殿下の来賓として宮邸に招かれました。

以後、日本だけでなく、フランス、その他アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国を訪問しています。

王西安拳法の研究会やトレーニングセンターを開設する活動を始め、その名は世界各国に知られるものとなっています。

近年、アメリカでは、「国際太極拳王」と称され、中国に於いても「一代太極拳大師」の称号が与えられています。

王西安老師は現在、国家武術高級教練、一級審判員、河南大学名誉教授などの肩書を持っています。

また、独自の境地に到っていることから、「国際陳式太極拳協会」「王西安拳法研究会」を開設しています。

王西安老師の陳式太極拳とは

「私にとって太極拳は初めから武芸であり、これまでもこれからも一貫して武芸として追求している」

王西安大師

三浦方圓の紹介


 小学校時代はおとなしい性格で、野球・剣道などを行ない、中学時代の3年間はサッカー部のキャプテンをつとめるなどスポーツ好きな少年時代を過ごす。

 中学2年生頃から「空手バカ一代」の故大山倍達館長に憧れ空手を始める。高校時代も空手を修行し、将来は空手家になろうと思い拓殖大学に入学し、本格的に極真空手の稽古に明け暮れる。


 あるとき道場に一人の老人が現れ、組手をしている時に、師範代の方が一瞬のうちに倒されてしまい、とても強い衝撃をうける。(後にその方が、太気拳の創始者の故澤井健一先生という事がわかる)

 その後、中国武術に興味をもち、いくつかの道場で稽古しているうちに、21歳の時に現在の師匠・禅僧の山口博永老師にめぐり合う。
1987年4月5日に正式に拝師し誠雲方圓と命名。

 1993年に江戸川区小岩に敬心道場を発足して、陳式太極拳の指導、普及を始める。

 現在、「山口の弟子ならば、直接私が教える」ということで、陳式太極拳第十九代伝人の王西安大師からも直接指導を受け、王西安拳法研究会、日本分会教練を務める。

太極道交会 江戸川支部(敬心道場)支部長

 

稽古について

場所 JR小岩駅徒歩13分、小岩アーバンプラザ
時間 毎週木曜日・19時~21時
稽古内容 王西安老師の陳式八式、老架一路、用法、推手等
指導料 入会金3千円、月会費3千円