2014年活動報告

2014年11月1日(土)、2日(日)、3日(月、祝)
秋合宿
男性 28名、女性19名
体がうまく動かなくてもできる太極拳。山口先生の実体験から分かったこと。

2014年9月27日(日)第15回太極道交会表演会。千葉県木更津市において開催。

2014年6月28日(土)、29日(日)
第15回指導員養成合宿。岩井海岸の川名館で開かれる。29日は練習会最初に、かって一緒に練習をした仲間であったが、亡くなった荻田さんと九島さんを追悼して太極拳を行いました。男性16名、女性11名。指導員試験では、指導員として高倉不器子(鴨川支部)、準指導員として高倉宏輔(鴨川支部)、石渡邦子(鴨川支部)、小野良司(江戸川支部)、島守郁雄(港支部)の各氏が認定されました。山口先生から、精・氣・神の言葉に当てはめた講評がありました。試験を受けられた皆さんは雑に交わることなく一生懸命に太極拳に精進されている。石渡さんと、高倉宏輔さんには氣の流れが見られる。指導員に認定された高倉不器子さんは技術的には見劣りする点もあるが、他の指導員にもない神の境地が見られる。指導員に認定された高倉不器子さんに対しては、他の指導員からも軸の安定した指導員の太極拳だという意見が寄せられました。久しぶりの、一発での指導員認定でした。

2014年5月3日(土)、4日(日)、5日(月)
一燈禅林において太極接心開催される。雑誌「大法輪」4月号に掲載された、山口先生の『太極拳の“大周天・小周天”の真意』を先生に問うことで、中身を具体的に深めっていった。男性15名、女性6名

2014年1月11日(土)、12日(日)、13日(月)
奈良県三輪において年始会。山口道長の育った三輪を中心に散策。山口道長の出家された慶田寺をおとずれ、当時の道長の様子などをうかがう。
男性17名、女性22名。