太極接心に参加して 東京太極道交会 Nさん

太極接心に参加して

合宿では大変お世話になり、本当に有難うございました。

「天城で合宿がある」と伺った際、日頃から仕事のこと等で悩み、モヤモヤとした気持ちで過ごしていた私は「新緑の中で太極拳をしたらどんなに気持ちが良いだろう!!」と即決断。入会したばかりではありましたが、参加させて頂くことにしました。v

楽しみ半分、緊張半分の中、到着した天城は爽やかな風(結構強風でしたが)
が吹いていました。初めてお会いする方々ばかりでしたが、温かくも適度に放っておいて下さる感じが心地良く、自然と馴染んでいくことが出来ました。

坐禅での静謐な時間、その後の皆さんの豪快な飲みっぷり、笑顔で受け止める大らかさ。全てが新鮮な驚きでした。常日頃、「こうあらねばならない」と勝手に自分自身を苦しめていた私にとって、心身がほどけていくような感覚でした。

午前4時起床の自主練習では、暗から明へ移りゆく時間の中、緑が日に映えて輝いてくる様子が美しく、忘れがたい風景となりました。

帰宅後、留守番をしていた夫を相手に合宿での様子、感じたことを夢中で話していると、「そういうの、無為自然って言うんだよ。」と一言。
「無為自然、、、なるほど。」と妙に納得し、お腹に落ちたのでした。

また、最後の座禅において、山口道長より頂いた「闇を論ずるな、マッチを摩れ。(あかりを灯せ)」という言葉が印象深く、今も心に響いています。