能忍寺で餅つきをしました 動画更新 1月7日

2014年12月28日(日) 本部道場のある館山 能忍寺で餅つきが行われました。 前日まで、館山 能忍寺付近には強い風がふいており、餅つきに支障があるのではないか懸念されましたが、当日はポカポカと暖かく、風もなく無事に餅つきを行うことができました。大勢の人たちが参加して、楽しいひと時を過ごすことができました。 今回の餅つきは、山口道長が、快気祝いとして皆さんへのお礼も兼ねてたくさんのもち米を用意してくださいました。 餅のつきはじめは、山口道長が、太極拳を使った餅のつき方を見せてくださいました。

以下は、哲学カフェのメンバー 斎藤さんが撮影された動画です。

赤文字をクリックしてください。

1. 山口道長の餅つき

2. 二人で餅つき

3. 餅をこねて・・・

参加された方の感想文です。

****************

2014/12/28.能忍寺での餅つき
今回初めて餅つきに参加しました。先輩の方々からいろいろお話を聞いていた通り、とても楽しませて頂きました。

image 千倉さんの指導のもと、27日夜からもち米45キロをバケツ3杯に分けて洗い、     

 

 

 
image-1翌朝からカマドを蒸し用に2つ、お湯沸かし用に1つ設置。その後、山口先生、普元さん、千倉さんにお経をあげて頂き、餅つきを17臼ほどつきました。  

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

image-2 総勢25人ほど参加して男性が餅つき、女性が伸し餅や丸餅を担当、山口先生曰く「餅つきは縦ケイ」だそうで、千倉さんや佐生さんがまさに体現されていました。
 

 

 image-3また、今回横山先生のご本がアメリカで出版されるとの事、プロデュースされる齊藤さんも参加され、とても楽しく過ごさせていただきました。特に千倉さんが”みんなが美味しい餅を作るという同じ目標を持つ、この一体感がいい”とおっしゃってたのが印章的でした。

 

image-2餅つき終了後に、お正月のお飾りを藁で手作りするという初めての体験もさせていただきました。
是非次回も参加させていただきたいです。
 

 

 最後に能忍寺に泊り込みで作務をされていた大場さん、若林さん、佐久川さん、千倉さん、本当に感謝致します。
 

 川崎&新百合ヶ丘支部 寺田