太極拳における発心

山口道長が、太極拳においても発心が大事だというお話を、弟子との会話の中でお話されました。

さらに、あらためて、道交会員にメッセージを送られましたので、お聞きになってください。

 

***********************

1. 他の会話から、太極拳における発心へと移っていきました。

5分30秒あたりから太極拳における発心の話になります。

信発心、解行発心、証発心など。

2. 太極道交会員に対するメッセージ

太極拳における発心について

*************

道交会指導員 伊藤千珠さんの感想を以下に掲載いたします。

皆様の感想もお待ちしております。

tenjou-daigoku@polka.ocn.ne.jp

にお送りください。

 

伊藤千珠

発心の音声を聞きました。
解行発心の大切さ、法灯明、理論に照らす事の大切さを改めて感じました。

最近、太極拳とはと自問するときに丹田の感覚が浮かんできます。
極論かもしれませんが、太極拳は手足が無くてもできるという事なのかもしれません。もっと深めたいと思います。

先日、中国人の S さんの太極拳を見て、確かに若く体を維持していてそれは凄い事と思いました。

ただ、本人はある意味、強迫観念があるのではと思いました。
人は病気にもなる、体力もなくなり、物質的なものは失っていく。その時に何が残るのか。
解行発心の大切さ、そこを確立していかないと虚しい。

そういう意味で挫折を繰り返しながら受けいれつつ、霊性の向上を目指したいと。
今回、先生が病気になられ、また更に境涯を深められたと思っています。
私たちも動揺しながらも立ち返る機会を頂きました。

道交会にご縁を頂いている事に感謝します。