道長のお話 

道長の法話、弟子との日常の会話を菩提道交会のホームページに掲載いたしました。

法話、遊戯の部分をご覧になってください。

心の悩みを持っている人がそばに来たとき、小浜の老師の言っていた来たれば迎え、住すれば和し、去らば送るについて、外部のものはすべて暗示を投げかけるだけであって、すべては自分の問題であるということについて

こちらから

嫌いなものについて具体的にどう考えるべきか、道を学ぶ者は人間の価値観でのみ考えるのではなく、存在世界にまで広げて考えなければいけないということを人に害をもたらすとされる細菌を例にとり弟子との日常会話の形式でお話していただきました。

こちらから